JFAオンラインシステムマニュアル

JFA Online System Manual

JFAオンラインシステムマニュアルPC版

JFAオンラインシステム

目次

1 ソフトをインストールする

遠隔授業を受講するためには専用のソフト(VQSコラボ)が必要になります。
必ずソフトをパソコンにインストールしてください。

※インストールはすべてWindowsの「管理者アカウント」で行ってください。

ソフトのインストール

インターネットエクスプローラーFirefoxでトップページ http://www.fortune-school.com/
にアクセスしてください。

※Google chromeやマイクロソフトedgeではインストールできませんのでご注意ください。

①「インストール」をクリックしてください。

②インストールページが表示されるので「インストール開始」をクリックしてください。

③「VQSコラボクライアントインストール」ウィンドウが開くので「OK」をクリックします。インストールが開始されます。

※インストール時の注意点

PCによって、「このファイルは信頼できない場所にあります。ファイルを実行しますか?」などのアラートが複数回でる場合があります。その場合は「はい」もしくは「許可」に当たる選択肢をクリックして、インストールを進めてください。

ソフトのインストールは初回のみです。

インストールが完了したら「完了」をクリックしてください。

デスクトップに「VQSコラボ アプリケーションランチャー」アイコンが作成されればインストールは完了です。

2 授業を受ける

ソフトのインストールが完了し、授業の時間になると受講できます。

※授業を受ける前にパソコンに「ヘッドセット」や「Webカメラ」が接続されていることを確認してください。

インターネットエクスプローラーFirefoxでトップページ http://www.fortune-school.com/
にアクセスしてください。

②「ID」「PASS」を入力し、ログインボタンをクリックします。

※ユーザーID、パスワードは別途ご案内致します。

③左のメニューから「授業予定表」をクリックしてください。

④「VQSコラボチェックウィザード」が起動します。

※チェックウィザードは授業に入室する前に、パソコンに接続したマイクやスピーカー、Webカメラが正常に動作するか確認するためのものです。必ず確認を行ってください。

⑤「次へ」をクリックします。

⑥パソコンに接続されているマイクとスピーカーの中から使用する機器を選択します。

ヘッドセット、又はマイクスピーカー等のエコーキャンセル機器を使用しない場合は、「AECを使用して音響エコーキャンセルを行う」にチェックを入れてください。

⑦「次へ」をクリックします。

※接続している機器が認識されず表示されない場合は、デバイスの接続を再確認し、「リスト更新」をクリックしてください。

⑧次にサウンドのテストを行います。

まずスピーカーの「再生」をクリックして、選択したスピーカーから音が鳴るか確認してください。「再生音量スライダ」で適切な音量に調整してください。
次に、「録音」をクリックして、マイクに向かって発音してください。発音が終われば、「停止」をクリックしてください。「録音」の横にある「再生」をクリックすることで、録音した音を確認できます。「録音音量スライダ」で適切な音量に調整してください。

再生/録音されない場合は、手順⑥へ戻って再生/録音デバイスが正しく設定されているか確認してください。

サウンドのテストが終われば、「次へ」をクリックしてください。

⑨Webカメラのテストを行います。使用するカメラをリストから選択してください。
テスト・決定」をクリックするとカメラ画像が表示されます。
テスト後、「切断」をクリックしてから、「次へ」をクリックしてください。

⑩接続テストを行います。「接続」をクリックしてください。問題がなければ「接続テストは正常に終了しました。」と表示されます。「次へ」をクリックしてください。

⑪「システム情報取得」ページが表示されます。「情報取得」をクリックするとシステム情報が表示されます。「次へ」をクリックしてください。

⑫「テスト終了」ページが表示されます。「完了」をクリックしてください。

⑬「本日の予定」が表示されます。参加する授業の青色の「入室」アイコンをクリックしてください。

⑭「VQSコラボ」が起動し、先生との授業が始まります。

3 授業中の操作について

VQSコラボは基本的に先生が操作するとそれに合わせて生徒様側でも操作が連動します。
生徒様から書き込みなどを行う場合は下記設定を行ってください。

ホワイトボードへの書き込み時

先生からホワイトボードへの「書き込み許可」が出ると、ホワイトボードに書き込みを行うことができます。

※先生から「書き込み許可」が出ていないと書き込みできません。

ペンの種類を設定したり、テキスト入力ができます。

4 授業を受ける際の注意点

授業を受ける際には下記にご注意下さい。

①PCのスペック、インターネット回線の品質によって授業がつながりにくかったり、切断、遅延、画像の乱れなどが発生する場合があります。
事前にVQSコラボで授業うけるために必要なPCのスペック、回線かを診断するツールをご用意しております。

https://info.vqsc.net/AreYouReady/

②PCを無線LANでご利用されているお客様は「電子レンジ」の使用にご注意ください。
電子レンジを利用している際に電磁波が発生し、無線LANが影響をうけ、切断や遅延などが発生し不安定になります

③手書きデバイスをご利用の方へ
手書きデバイスのペンは「ボタン電池」を入れてご利用ください。また電池がなくなると書き込みができなくなりますので、書き込みができなくなった場合は新品に入れ替えてください。
電池は「SR626SW」をご利用ください。

④PCは起動直後様々な処理を行っています。授業を安定して受ける場合は授業が始まる30分前にPCを起動していただくのがおすすめです。

⑤授業を受けている際は不要なソフトやアプリは終了してください。バックグラウンドで動作を行うアプリが負荷をかけ授業に影響する場合があります。WindowsOSの自動アップデートやセキュリティソフトの自動アップデートをオンにしている場合、授業中にバックグラウンドでそれらのソフトの処理が行われ、PCの負荷が上がる場合があります。

5 トラブルシューティング

その他トラブルの際には下記URLをご参考ください。

①エラーコード一覧

http://www.vqs-m.co.jp/question/error_win

②セキュリティ

http://www.vqs-m.co.jp/question/sec_win

③NTTぷららの回線をご利用のお客様でVQSコラボがつながらない場合

http://www.vqs-m.co.jp/question/plala

その他のサポート情報に関しては下記URLをご覧ください。

http://www.vqs-m.co.jp/support

JAPAN FORTUNE ACADEMY
体験セミナー